オンライン プログラミング教室は楽しい

プログラミング教室

オンライン プログラミング教室のカリキュラムについて

投稿日:

プログラミング教室のカリキュラム

2017年度、2018年度と「親が習わせたい習い事」ランキング1位!となったプログラミング。
興味のある親御さんも多いのではないでしょうか。

調べてみればたくさんのプログラミング教室が増えていますし、自宅近くに無くてもプログラミングを学べるオンラインスクールも増えています。
2020年から小学校でもプログラミング教育が必修化されるし、うちの子にもプログラミングを習わせたい・・・となった時、気になるのはプログラミング教室のカリキュラム。

どんな風にプログラミング教室では子供たちがプログラミングを学んでいくの?

ここでは主にオンラインのプログラミング教室のカリキュラムについて、ご紹介をしています。

親が子供に習わせたい習い事1位 「プログラミング」

何かと話題になることが増えてきた「子供のプログラミング」。

やっぱり2020年からの小学校のプログラミング教育必修化が大きいですよね。

私たち親世代もプログラミング教育を未経験のため、不安があることも影響しているのかもしれません。

「プログラミング教育ってどんなことするの?」

「プログラミング教育が始まる前に、準備しておいた方がいいことある?」

とやっぱり思われるママパパも多いと思います。

そうしたことを受けてか、イー・ラーニング研究所が行ったアンケートによると、「親が習わせたい習い事」ランキング1位はプログラミング教室という結果になっています。

1. 2018年に子どもにさせた習い事は「学習塾」、「スポーツ系」がトップ

2. 2018年話題になった習い事、2019年にさせたい習い事は「プログラミング教室」が第1位

3. 将来なってもらいたい職業は「経営者」が独走。第2位は「プログラマー(SE)・ゲームクリエイター」

4. 約9割がスマートフォン・タブレットでの学習に関心がある。理由は、手軽さと繰り返し学習への期待

関連リンク:イー・ラーニング研究所

オンライン プログラミング教室のカリキュラムについて

ここでは主にオンラインプログラミング教室をテーマとしていることから、いくつかのオンラインプログラミング教室をピックアップしてカリキュラム(コース内容)についてご紹介したいと思います。

無料体験など記事内容に関しては、2019年5月時点の情報となります。

最新の状況に関しては、それぞれのオンラインプログラミング教室の公式サイトにてご確認のうえ、お申し込みをお願い致します。

D-SCHOOLオンライン カリキュラム

D-SCHOOLオンライン

D-SCHOOLオンラインは、低料金で自宅でプログラミングを学べるオンラインスクール。

子どもに大人気のゲーム「マインクラフト」を使った、オリジナルシステム「マイクラッチ」を通してプログラミングを学ぶことができます。

D-SCHOOLオンラインで用意されているコースは4つです。

  • マイクラッチコース・マイクラッチJrコース
  • 英語&プログラミングコース
  • ロボットプログラミングコース
  • ゲーム制作コース

マイクラッチコース・マイクラッチJrコースをみていきましょう。

ゲームを通して楽しみながら学ぶ。
子供たちに人気のマインクラフトを使ってプログラミングを学んでいきます。

コースは全12回となり、最終的には自分だけのダンジョンを作成します。

D-SCHOOLオンライン内容

D-SCHOOLオンライン内容その2

学習内容として、毎回基本と応用をセットで学ぶことが出来ます。

1.【基本】各ミッションのプログラミング解説動画(約40分)
2.【応用】各回のチャレンジミッション(約15分)
3.【課題】各回のミッションチェック(約20分)
4.【投稿】作った作品を投稿して先生に見てもらおう(強制ではありません)

D-SCHOOLオンラインでは、無料体験(14日間無料トライアル)が出来ます。
ぜひ体験されてみてはいかがでしょうか。

⇒ D-SCHOOLオンライン 14日間無料トライアルあり

おうちでコード

おうちでコード

ママプログラマーが考えたカリキュラムが提供される子ども向けオンラインプログラミングスクールです。

  • スクラッチクラス
  • ビスケットクラス

とコースがあります。

対象年齢は、

スクラッチコースが新小学3年生~中学3年生
ビスケットクラスが年少~小2(親子)となります。

スクラッチコースについてみていきましょう。

スクラッチ(Scratch)を使用して学ぶ「おうちでコード」の特徴は、「少人数制」です。

ひとりひとりの得意な分野を伸ばしていけるように、レッスンのカリキュラムやテーマを子どもたちに合わせてくれることが最大の特徴といえそうです。

プログラミングのポイントとなる箇所は、授業を録画してお渡しします。
後で繰り返し見て復習することができます。

専用フェイスブックグループがありますので、後から質問を投げて回答をもらうことも可能です。

他のオンラインスクールとは異なり、授業時間が決まっておりその時間に受けることが必要です。
(長期休暇中などの場合は振替授業をおこなうことも可能となっています)

無料体験レッスンがあります。

⇒ 小学生向けオンラインプログラミング教室「おうちでコード」

CodeCampKIDS Online(コードキャンプキッズオンライン)

本格的なプログラミングも学ばせたい、と思った時には、CodeCampKIDS Onlineがオススメです。

もしお子さんがゲームクリエイターになりたい!といった夢をお持ちであれば、こうした大人向けにも実績の豊富なオンラインスクールのキッズ向けコースはオススメです。

スクラッチ プログラミングコースでは、「Scratch」でプログラミングを学び、シューティングゲームやアクションゲームなど本格的なゲーム開発に挑戦することができます。

  • 対象学年(目安) 小学3年生~中学3年生程度
  • レッスン数 全60回(4回 / 月)
  • 課題提出・フィードバック 全11回
  • 学習期間(修了目安) 15ヶ月

無料体験レッスンがあります。

⇒ 子ども向けオンラインプログラミングスクール|CodeCampKIDS Online(コードキャンプキッズオンライン)

オンラインプログラミング教室 無料体験をぜひ活用してみてください

ここまで、いくつかのオンラインプログラミング教室をピックアップしてご紹介をいたしました。

基本的には、プログラミング教室は無料体験を用意してくれていて、どういった内容で学んでいくかを理解しやすくなっています。

お子さんのレベルや興味に合わせてオンラインスクールなどを選んであげるのは、親の責任かと思います。

内容も大切ですが、やはり気になるのは月謝。

他にも運動系の習い事をされているご家庭もあると思います。

習い事が1つ増えると月謝も増えます。
お財布具合とも相談しつつ、子供たちの将来につながるプログラミング教育に関しても積極的に考えてあげてみてはいかがでしょうか。

-プログラミング教室
-,

Copyright© 子供のプログラミング おすすめ勉強法 , 2019 All Rights Reserved.