自宅でプログラミングをする子供

パソコンの選び方

プログラミングにおすすめ!小学生向け子供用パソコン

投稿日:

プログラミング 小学生向け子供用パソコン

2020年から小学校でもプログラミング教育が必修となり、それに合わせて子供用、小学生向けのノートパソコンを購入されるご家庭も多いと思います。

親御さん用のパソコンが既にある、といった場合でも仕事用に使用している場合。
子供に使わせると万が一、壊される心配もありますよね。
(ジュースなどをこぼして物理的に壊される心配、謎の使い方をされて起動しなくなる可能性などもあったりします。子供は時に予測不能な使い方をしますからね・・・)

そのため本格的に家でもプログラミング学習をさせよう、と思った場合にはやはり子供用パソコンを購入しようかな、となると思います。

ここでは、プログラミング学習におすすめ小学生向け子供用パソコンについて、比較のポイント、選び方についてご紹介しています。

また、オススメの子供用パソコンもご紹介しています。

子供用パソコンは格安を優先?長く使えるようにそれなりに高く性能の良いパソコンが良い?

小学生向けパソコンは今注目です。

小学校プログラミング教育必修化に伴い、お子さんの初めてのパソコンにおすすめノートパソコン、ということで様々なメーカーが子供向けパソコンを発売しています。

富士通、ヒューレット・パッカード(HP)、DELL、NECなど様々なメーカーが子供向けパソコンとしてオススメを紹介しています。

パソコンの価格も様々です。
イメージ通り、値段が高いほど高性能です。

でも小学生向けだしプログラミング学習がメインなのでそこまで高価なパソコンは必要なし、というご家庭は多いと思います。

できれば、安い方が良いですよね!

急にプログラミング教室などに通うことになってノートPCを購入するといったことになる場合もあると思いますが、10万円以上のパソコンは高価!急にお金が用意できない・・・といったことにもなります。

突然の出費としては大きいです。

とはいっても格安過ぎるとパソコンのスペックも低くなりますので、マインクラフトなどの場合に動きの処理についていけない可能性もあります。

じゃあどんなパソコンが子供用に良いの?と悩みますね・・・。

不要な部分は削った子供用パソコンの購入がオススメ!

子供用のパソコンとして購入するからには、これから出来れば長く使って欲しいですよね。

中学校、高校生になっても使うことを想定した場合、やはりそれなりの性能(スペック)があった方が良いと思いますし、WordやExcelなども入っていた方が使いこなせるようになって将来の就職にもつながっていくので良いのかな?と思ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、WordやExcel(ひとまとめでオフィスということが多いです)は、子供の間は不要といって良いでしょう。

そしてOfficeソフトは値段が高いのです。
小学生にはOfficeは不要でしょう。
Officeなしのパソコンを購入することで、値段を下げることが出来ます。

プログラミング学習に不要なものをカットする事で価格を下げることが出来ます。

そうした子供用パソコンのオススメをご紹介しています。

まずはパソコン購入の予算を決めることが重要といえます。

家族で共用にするか、専用で子供用パソコンにするかも決めておかれることが大切になりますね。
(子供専用にしてあげると、やっぱりとても喜びます。我が家もそうでした)

これからプログラミング用に小学生のお子さんに子供用パソコンを購入しようと検討されているママパパはぜひご参考にしてみていただければと思います。

ちなみにソフマップでも、お子様の初めてのPCにおすすめ! プログラミング教育に最適な 「ソフマップ My First PC」ということで2019年4月19日から販売を開始しています。

このように、子供向けパソコンはかなり今注目なのです。

最初に、小学生向け子供用パソコンの選び方についてみていきましょう。

子供用ノートパソコンの選び方

小学生向けの子供用ノートパソコンの選び方としては次のようなポイントに気をつけられると良いかと思います。

子供の手でも使いやすいキーボード(キー間隔)のパソコン

キーボードの様子

本格的にパソコンを使うのは初めて、という小学生のお子さんも多いと思います。
(小学校によっては低学年からパソコンを使った授業がありますけれど)

そのため、キーボード入力に慣れることも大切ですよね。
それには子供の手でも押しやすいキーボードであることが何より大切となります。

キーボードによってはキー間隔が狭く、大人でも押しにくいパソコンもあります。

ノートPCのサイズにもよります。
メーカーのページにサイズが掲載されていますので比較の参考にしたいところです。

お子さんの手が小さい場合には、キーが少し小さめを選ぶといった配慮も重要になります。

配列に関しては、標準的な日本語の「JIS配列キーボード」をお選びになることをオススメします。

見やすい液晶ディスプレイを選んであげる

パソコンを買い与える際に気になるのは、やはり「子供の視力」ではないでしょうか?

小学生の約3割が裸眼視力「1.0未満」だということです。

学年が上がる度に、メガネをかけている子供達が増えているな・・・と確かに思います。

授業参観や発表会などで学校へ行くと、

「あれ?あの子もメガネかけるようにしたんだ」

という気付きが毎回のようにあります。

プログラミング学習が始まると、さらに近くを見る時間が増えますので少しでも子供達の目の負担が軽減出来るディスプレイを選んであげることが重要です。

オススメは、

「ノングレア液晶(非光沢液晶)」

です。

ノングレア液晶(非光沢液晶)は光の反射などによる目への負担が軽減されます。
光沢液晶よりも画面にも傷が付きにくいとされます。

きっと画面をつい触ってしまうお子さんも多いと思いますので、そういった意味でもノングレア液晶がおすすめです。

また、画面の視野角(斜めから見てもみやすい)が広いディスプレイを選んであげることもポイントになります。

持ち運びやすい重さ、大きさのパソコンを選ぶ

ノートパソコンを持ち上げる子供

ノートパソコンを使う場所は、やはり勉強机だと思います。

そうなると常にパソコンを広げているのでは無く、使わない時は閉じて収納することになりますね。

少しコンパクトで軽め、となると14インチ以下で購入される方が良いのかなと思います。

メーカーのパソコン詳細ページに主さの記述もありますので、購入を検討されるパソコンに関しては、ぜひご確認になってみてください。

出来るだけ、頑丈で壊れにくいパソコンを選ぶ

パソコンを落としたり、物をぶつけたり、飲み物をこぼしたりするとパソコンが壊れる原因となります。
ジュースをこぼしたり、といったことは十分にあるでしょうね。

大人ならやらないことも、子供はやってしまう可能性があります。

ノートパソコンの中には、堅牢性、壊れにくさに非常に力をいれているものもあります。
耐久テストをしっかり行っていて、防滴キーボードを備えているパソコンもあります。

HDDよりもSSDの方が耐振動性に優れていますからより安心です。
SSDは起動も処理も速いのも特徴です。

出来るだけ、頑丈で壊れにくいパソコンを選んであげることも大切なポイントですね。

出来るだけ安いパソコンを選ぶ

買ってはみたものの、飽きてまって使わなくなってしまう可能性はあります。
また壊してしまい、修理に出すよりも買い直した方が早くて安いといった可能性もあります。

購入したときのパソコンのスペックにもよりますが、さらに高度な処理をしたい時には買い直しということになりやすいので、子供用パソコンは出来るだけ安い方がオススメです。

パソコンの予算を決めておく

子供用のパソコンを購入する際には、やはり最も重要なのは予算です。

お金を出せば、性能が高いパソコンが購入出来ます。

しかし、プログラミング学習といった目的を考えるとあまりに高性能なパソコンを購入してもムダな性能となってしまいます。

子供用のパソコンとして価格の相場を考えた場合、3つの価格帯でお考えになると良いと思います。

  • 5万円以下
  • 5万円~10万円以下
  • 10万円以上

格安、5万円以下のパソコンとはいってもタイピングやプログラミング、Scratchを使うといったことであれば十分ともいえます。

ただ、堅牢性や防滴キーボードといったところを求めるのであれば、少し上の価格帯を見た方が良いかもしれません。

将来的に動画編集であったり、画像作成や実際にコードを自分で書いてゲームを動かすといったことも想定されるのであれば予算を上げて、高機能・高スペックなパソコンを選ばれることをオススメします。

最初の一台にWindowsパソコンを選ぶメリット

プログラミング学習をすること自体は、WindowsでもMacでもどちらでも問題ありません。

ただ日本国内ではWindowsのシェアが大きいですし、小学校で使用するパソコンもWindowsが大多数でしょう。

中学、高校とプログラミング学習をするにしてもWindowsとなるでしょうから、特にこだわりが無い場合には子供用のパソコンもWindowsで選ばれることをオススメします。

子供のプログラミングに必要なパソコンのスペック

子供のプログラミングに必要なパソコンのスペック、の前にCPUについてまとめておきたいと思います。

これからパソコンを購入される際、きっと迷う方が多いと思うためです。

「Core・Pentium・Celeron」の違い、お分かりになりますか?

Core・Pentium・Celeronの違いって?

私も最初に子供用パソコンの購入を考えていて調べていると、

CPUが、

  • Core
  • Pentium
  • Celeron

といったように色々と書かれていて、混乱してしまいました。
しかもCoreも数字がいろいろくっついていて違うんですよね。

いきなり目にすると違いがよく分かりませんね・・・。

これはどれもインテルというブランドのCPUです。

その中でもCore(コア)プロセッサーが現在の中核ブランドとなっており、目にする事も多いのではと思います。

性能の良さで並べてみますと、

  • Core i9
  • Core i7
  • Core i5
  • Core i3
  • Pentium
  • Celeron

と並べることが出来ます。
(上に行くほど高性能、高価になります)

「Core i7」以上はハイパフォーマンス向けですから、子供用のパソコンにはそこまでは不要といって良いでしょう。

「Core i5」があれば不満を感じることなく学習に使えるでしょう。

プログラミング学習の他、特に動画をガンガン見たりゲームをしたりといったことでも無いのであれば、価格を安くするために「Core i3」でも十分良いと思います。

「Core i3 + SSD」なら十分早く、待ち時間(読み込みで固まる)も少ないのでストレスが溜まりません。

子供達も待ち時間が長いと、ストレスを感じると思うんですよね。
といいますか、飽きて違うことを考え始めてしまいそうです。

SSDは本当に処理速度が早くなるので、オススメです。
(昔のパソコンのHDDは立ち上がりも長く、待ち時間が多すぎて本当に大変でした・・・)

最初は値段を抑えて、子供用のパソコンを購入して、成長してからまたその時に合ったパソコンを買えば良いかな、といった考え方もできますね。

実際に子供にパソコンを使わせていてハッキリ思うのは、高性能過ぎるパソコンは不要!

ということです。

子供用のパソコン選び、比較のポイントは「HDD、CPU、メモリ」

子供用のパソコンを選ぶ際、重要な比較のポイントは3つに絞ることが出来ます。

  • HDD
  • CPU
  • メモリ

の3つです。

HDD

HDDは、SSDを強くオススメします。

我が家にはHDDパソコン、SSDパソコンと両方がありますが、実際に比較をすると圧倒的にSSDが早いです。

SSDの特徴を簡単にまとめると、

  • HDDよりも早い(2倍~3倍速い)
  • HDDよりも静か
  • HDDと違いほとんど発熱しない
  • HDDよりも衝撃に強い
  • HDDよりも寿命が長い

でもHDDよりも割高、ということになります。

CPU

CPUは先ほどまとめましたが、Core i5がオススメですが、Core i3でも良いと思います。
予算に応じて、お選びになることをオススメします。

メモリ

パソコンにおけるメモリは、よく作業机などと言われることがあります。

メモリが大きいほど、たくさんの作業をすることが出来ます。

実際にパソコンを購入される際には、

  • 4GB
  • 8GB
  • 16GB

で迷われる方が多いと思います。

おおまかにメモリー容量に関しては、

4GB:メール、ネットサーフィン、負荷が小さい作業用

8GB:画像編集、ゲーム、複数プログラムの同時起動など

16GB:高性能ノートパソコンに多く、巨大な画像ファイルを扱う場合などに必要なレベル

ということになります。

プログラミング学習が目的であれば、4GBでも良いと思いますが将来的に発展してゲーム作成、マインクラフトなどもするようになるのでしたらやはり8GBあると安心といえるでしょう。

スクラッチ(Scratch)を使うためのパソコンのスペック

スクラッチ(Scratch)は子供プログラミングのメインになりつつありますね。

ご自宅でも子供のプログラミング学習なら、スクラッチで学ばせたい、というご家庭も多いのではないでしょうか。

Scratch1.4・・・スタンドアロン環境で動作(ネット接続不要)
Scratch2.0・・・ネット接続環境で動作(ダウンロード不要)

スクラッチ(Scratch)を動かすための動作環境は公式サイトによると次のように書かれています。

Scratch 2.0

Scratch 2.0の動作には、比較的新しいブラウザが必要です。

  • Google Chrome 35以降
  • Mozilla Firefox 31以降
  • Internet Explorer 9以降
  • あるいはMicrosoft Edge

動作には、Adobe Flash Player 10.2以降が必須である(Windows 2000以降もしくはMac OS X 10.4以降でのみ使用可能)

Scratchは、1024x768以上のスクリーン用に設計されている。

Scratch2.0は、Windows、Mac、一部のLinuxで動作する。

Scratch よくある質問より

スクラッチはウィンドウズ、マックとどちらもで利用可能です。

ブラウザのオススメは、Google Chromeです。
他のブラウザでも試してみたのですが、Google Chromeが一番動かしやすいです。

Scratch 3.0

Scartch3.0が利用できるウェブブラウザが変わります。

  • Chrome(63以上)
  • Microsoft Edge(15以上)
  • Firefox(57以上)
  • Safari(11以上)

Internet Explorerが非対応となります。

Scartch3.0は今まで使えなかったタブレットも対応しています。

タブレットの場合は、モバイル用Chrome(62以上)、モバイル用Safari(11以上)となります。

プログラミングにも最適!小学生向け子供用ノートパソコン

色々なメーカーから子供用パソコンのオススメが販売されています。

その中で、色々と比較してみて「価格・スペック的にオススメ」なのがマウスコンピューターのノートパソコンです。

マウスコンピューター m-Book B401E-M2S1

マウスコンピューター

CPU:Core i5
メモリ:4GB
SSD 128GB
液晶パネル:14型 フルHDノングレア

価格は¥79,800(税別)

です。

マインクラフトをする場合でも、スペック的には十分ではないでしょうか。

⇒ マウスコンピューターのノートパソコン(公式)

ちなみに、時々アウトレットでお安く高性能なノートパソコンを購入することが出来ることもありますので、こちらもご覧になってみてはいかがでしょうか。

また、時期によっても取り扱う商品が変わりますので、もう少し安いモデルが販売されていることもあります。

プログラミングにおすすめ!小学生向け子供用パソコン、まとめ

プログラミングにおすすめ!小学生向け子供用パソコンということで、子供たちのプログラミング学習に必要なパソコンのスペック、ノートパソコン選びの際の比較のポイントなどについてご紹介をしてきました。

もっと格安のパソコンもあります。

ただ、プログラミング学習のオンラインスクールや教室への通学などもお考えであれば、それなりのスペックのパソコンを購入されることをオススメしたいと思います。

ご予算、目的に応じて色々なメーカーのパソコンを比較してみてくださいね。

-パソコンの選び方
-,

Copyright© 子供のプログラミング おすすめ勉強法 , 2019 All Rights Reserved.