自宅でプログラミングをする子供

プログラミング教育

2020年、小学校でプログラミング教育が必修化!準備できることは?

投稿日:

小学校のプログラミング必修化に向けて親が準備できること

小学校で始まるプログラミング教育、どんなことするの?プログラミング教育に向けて親が子供に準備できることはある?

親にとっても道の教育内容ですし、準備できることがあるならしてあげたい、というママやパパも多いと思います。

まず最初に小学校で必修化となるプログラミング教育の内容を確認し、それに合わせて家庭でできる準備について見ていこうと思います。

小学校プログラミング教育必修化に向けて

2020年から小学校プログラミング教育必修化が始まります。

当然、私たちの子供の時にはプログラミング教育はありませんでしたから、

「プログラミング教育ってどんなことするの?」

となります。

プログラミング教育ってなんだか難しそう・・・そんな小学校低学年からプログラミング書くの?

と、思ったママパパは多いのではないでしょうか。

色々とプログラミング教育必修化について調べて思ったのは、もしプログラミング教育に向けて親が子供のために準備できることは「プログラミングは楽しい」ということを教えてあげること。

「自宅でもプログラミングを楽しく実践できる場を作ってあげること」

かなと思いました。

自宅でもできる対策として、色々な方法があります。

パソコンをお持ちのご家庭も多いと思います。
パソコンがあれば、後述するビジュアル言語のスクラッチ(Scratch)も無料で利用できますから、試してみても良いですね。

スクラッチ関連の書籍もたくさん出ています。

スクラッチ関連の本もいくつか購入してみたのですが、子供向けですからとても分かりやすく、自宅でプログラミングを始める際にも向いていると思いました。
もちろん、オンラインプログラミング教室で学ぶ、といった方法もあります。

プログラミングの入り口として、プログラミングの無料アプリを使う方法もありますね。

自宅でプログラミングを学ぶ方法

子供が自宅でプログラミングを学ぶ方法

自宅で子供たちがプログラミングを学ぶ方法をご紹介しています。

  • 子供向けプログラミング アプリで学ぶ
  • 子供向けオンラインプログラミング教室で学ぶ
  • 子供向けプログラミング教材で学ぶ

などご紹介しています。

プログラミング教育の目的は「思考力」を身に付けること

プログラミング教育を通して、子供たちに「プログラミング的思考」を身に付けることが目的、となります。

プログラミング的思考とは、

”自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力”

引用元:文部科学省 小学校プログラミング教育の手引

とあり、コンピューターにどういった命令をどういった順番で指示すれば良いかを考え、どう命令を組み合わせると自分の考える動作が実現できるかを考える。

当然、一度で上手くいくことは少ないため、どう命令を組み合わせを改善していくと良いのかを試行錯誤しながら考える。

といったことを一連として行っていくことになります。

要は「問題解決能力」を身につけていくこと、とも言えるでしょう。

こうした思考は日常生活でも大切ですし、大人になってからの仕事にも大いに役立つものですよね。

プログラミング的思考はなにもプログラムを実際に書くこと(コーディング)をしなくても身に付けることが出来ます。

ビジュアル言語、スクラッチ(Scratch)が多くのプログラミング教室などでも用いられていますが、ご覧になったことがある方はお分かりになると思いますが、命令の組み合わせを簡単に行っていくことが出来ます。

MIT スクラッチ画面

キャラクターに実現させたい動きを逆算して、どういった命令を組み合わせていけば良いのかを論理的に考えなければなりません。

最初は親の手助けも必要ですが、だんだんと慣れてくると、一人で試行錯誤して作品を作っていきますよ。

プログラミングは楽しい!

という気持ちが芽生えると、やはり覚えるのが早いですね。

お子さんの性格によっては上手く動作しないとイライラしてしまうこと「上手く動かない!コンピューターがおかしい!」と言ったこともありますが・・・(うちです)

「いやいや、命令した通りにしか動かないから。どこがおかしいかを見つけるのも大切だよ」

とその度に言うことになります。

これを繰り返していくことで、次はそのミス(バグ)を踏まえて命令を組み合わせていくようになります。

これってとても大切ですよね。

プログラミング教育では、日常生活でもとても大切な問題解決能力を身につけていくことにも繋がると言えます。

子供たちがプログラミングを学ぶメリット

子供たちがプログラミングを学ぶメリットはたくさんあります。

プログラミングを学ぶメリット

  • 論理的思考能力が身に付く
  • 問題解決能力が身に付く
  • 想像力が育まれる
  • 自己実現能力が育まれる
  • 忍耐力が養われる
  • 就職で有利になる可能性

といったことがよく言われます。

最後の就職に関しても、将来的には子供たちにはメリットかなと思います。

実際にどういった仕事に就くのかは本人達次第ですが、エンジニアは今後さらに不足していきます。

またプログラミングの知識を持っていることは、将来様々な局面で役立つはずです。

就職先の選択肢が広がることは、子供たちの将来にとってとても大切なことかなと思います。

プログラミング教育の必修化、親が子供のために準備できること

今から、プログラミング教育の準備をするのであれば環境を整えて、プログラミングが楽しいことを実際に体験させてあげることが大切と思います。

  • パソコンを準備する
  • ネット環境を用意する
  • プログラミング教材を用意する
  • 一緒に楽しむ(学ぶ)

といったことで十分でしょう。

スクラッチを利用されるご家庭が多いと思いますが、パソコンが必要です。

そこまで高価なパソコンではなくて十分ですから、これを機にノートパソコンを購入、といったことも検討されると良いかもしれません。

プログラミングを学べるソフト、アプリもたくさんあります。
今後、もっと増えてくることが予想されます。

あれもこれもと試したくなるところですが、やはりスクラッチは完成度が高くオススメです。

小学校高学年のお子さんであれば、その中でプログラミングを学ぶメリットなどを伝えてあげても良いかもしれません。

小学校低学年のお子さんは、純粋に楽しくプログラミングが出来ると良いのではと思います。

プログラミングの自由研究もおすすめ

プログラミングを学んだら、子供たちの夏休みの自由研究のテーマにプログラミングはオススメです。

自由研究を作る過程の中で、さらに理解が深まると思います。

提出が必要ですから、ロボットプログラミング教材が良いかもしれません。

プログラミングをしたことから学んだ事、自分なりに試行錯誤したことをまとめて発表するのも良いかと思います。

-プログラミング教育
-,

Copyright© 子供のプログラミング おすすめ勉強法 , 2019 All Rights Reserved.