子供のプログラミング的思考を育む

プログラミング教育

プログラミング的思考とは

投稿日:

プログラミング的思考って?

プログラミング的思考とは、「物事を論理的に考える力」「意図した一連の活動を実現するための手順を論理的に考える力」のことといえます。
小学校プログラミング教育必修化はこのプログラミング的思考を身に付けることが目的となります。

プログラミング、というとコーディングをすることというイメージをお持ちになる方も多いかもしれないのですが、コーディングを覚えることは目的では無いとされています。

実際、プログラミング的思考は「プログラミングおもちゃ」からでも身に付けていくことができるんです。

2020年から始まる小学校プログラミング教育必修化に向けて、親自身もプログラミング的思考について、知っておく必要はあるでしょう。

プログラミング的思考とは何か

プログラミング教育の目的は、プログラミング的思考を身に付けることが目的!

と言われても、じゃあプログラミング的思考とは何か?

と思われる方も多いと思います。

プログラミング的思考について、文部科学省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」からどんな定義がされているかを探ってみると、、

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力が必要になる。

といったことが書かれていますし、

小学校におけるプログラミング教育が目指すのは、前述のように、子供たちが、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験しながら、身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気付くこと、各教科等で育まれる思考力を基盤としながら基礎的な「プログラミング的思考」を身に付けること、コンピュータの働きを自分の生活に生かそうとする態度を身に付けることである。

という小学校プログラミング教育必修化の目的も書かれています。

またコーディングを覚える事が目的では無いことも、明文化されています。

プログラミング教育の実施に当たっては、コーディングを覚えることが目的ではないこと[8]を明確に共有していくことが不可欠である。

このように、小学校におけるプログラミング教育の目的は、

「子供たちが時代を超えて普遍的に役立つ論理的思考を育むこと」

そして、プログラミング的思考とは、「物事を論理的に考える力」「意図した一連の活動を実現するための手順を論理的に考える力」のことといえます。

子供にプログラミング的思考は必要なの?

いきなり始まる感もある小学校のプログラミング教育ですが、そもそも子供たちにプログラミング的思考って必要なの?

結論としては、プログラミング教育について調べていけばいくほど、プログラミング教材などについて調べるほど、

子供たちにもプログラミング的思考は必要でとても大切

という結論になります。

プログラミング的思考の一例

子供たちの世界でも、「目的」があり「過程」があります。

家のお手伝いでも良いですし、学校の課題、スポーツをされているお子さんであれば上達するための過程なども含まれます。

ゲームの攻略もそれに含めても良いでしょう。

目的を達成するために、過程をどう工夫していくと成功するのか、といった思考を意識せずともしているはずです。

学校から家に帰ってきて早く遊びに行きたい。
お母さんに怒られずに素早く遊びに行くには、何をこなすべきか、といった例で考えると・・・

  • 手洗い+うがい(必須)
  • 明日のランドセルの準備
  • 宿題を終わらせる
  • どこへ行き、誰と遊ぶのかを親に伝える
  • 必要なら手土産(おやつ)をもらう
  • 門限を守って帰宅する

学校の宿題も終わらせず飛び出して行って、帰宅してからもダラダラとテレビを見ていたり、お腹減った!とお菓子を勝手に食べていると、ガッツリと怒られるわけです。

自分が意図(早く遊びにいきたい)を実現するための手順として、怒られずに素早く遊び行くための順序を考えて実行していきます。

これが成長していくとより高度化し、いずれは仕事の成功に必要なものは何か、どうすれば困難なプロジェクトを成功に導くことが出来るのか、といった思考力へと成長していくのでしょう。

プログラミング的思考を身に付けていくことは、子供たちにとって大変重要なもの、といえます。

自宅でプログラミング的思考を身につけるには

では、自宅でもこうしたプログラミング的思考を子供たちが身に付けるには、どういった方法があるの?というと今は様々な教材、おもちゃがあります。

お子さんが小さいうちは、

楽しむこと

が一番大切と思います。

「プログラミングおもちゃ」などで楽しく遊んでいる間に、知らず知らずの間にプログラミング的思考が強化されていくのが一番良いですね。
例えば、

でもご紹介したのですが、「くもんのロジカルルートパズル」といったものがあります。

くもんのロジカルルートパズル

パズルを解いてボールを転がして、論理的思考を養う「くもんのロジカルルートパズル」。

Amazonの「プログラミング・ロボティクス」カテゴリでベストセラー1位になっていた商品です。

対象年齢は、4才以上です。

全60問ありますが、簡単な問題から難しい問題まで6段階に分かれていますので年齢、お子さんのスキルに合わせて遊ばせてあげることが出来ます。

小学生のお子さんも楽しめるおもちゃです。

個人的には「くもんのロジカルルートパズル」は値段が手頃な点も嬉しいポイントかなと思います。

⇒ くもんのロジカルルートパズル【Amazon】

昔、たまたま幼児向けおもちゃコーナーで遊ぶ機会があったのですが、小さな子ほど、熱中します。

こうしたおもちゃで遊ぶことで、目的 = ボールと同じ色のゴールに入れる、といったことを試行錯誤する力、問題解決力な、論理的思考力などを身につけて行くことが出来ます。

これらはプログラミング的思考にも大きく関係してきますので、未就学児のお子さんにはピッタリではないかなと思います。

こうした「プログラミングおもちゃ」で遊んでみて、すぐに飽きたり、イライラが酷かったりした場合には、まだ少し早いのかもしれませんし、適性がない可能性もあります・・・。

プログラミングおもちゃ、教材は他にも色々と種類がありますから、興味を惹きそうなものをお試しになってみても良いかもしれません。

プログラミング的思考は「おもちゃ」でも身に付く!

プログラミング的思考を身に付けるには「おもちゃ」でも十分に効果があります。

楽しく遊ぶからこそ、身に付くのも早いといえます。

今はとてもたくさんの種類のプログラミング知育玩具が販売されています。

例えば、楽天市場では、

楽天市場

といったように年齢別に豊富なプログラミングおもちゃが取り扱われています。

⇒ 知育玩具 プログラミング 商品一覧

Amazonも非常に豊富な取り扱い商品数となっています。

Amazon

⇒ プログラミング おもちゃ

お子さんへの誕生日プレゼント、クリスマスプレゼントなどにもこうした知育玩具はオススメです。

-プログラミング教育
-,

Copyright© 子供のプログラミング おすすめ勉強法 , 2019 All Rights Reserved.