学校でプログラミングを学ぶ

プログラミング教育

子供がプログラミングを学ぶ必要性って?

投稿日:

子供がプログラミングを学ぶ必要性

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化となりますが、
子供たちが小学生のうちからプログラミングを学ぶ必要性ってあるの?
と、思われている親御さんは多いのではと思います。
ここでは子供たちがプログラミングを学ぶ必要性についてまとめています。
プログラミング教育が必修化された目的、実際に子供たちにプログラミングをさせてみて実感したことなどをご紹介しています。

プログラミング教育の目的って?

必修化となり、来年度から小学校で始まるプログラミング教育ですが、その目的とするところは何なのでしょうか?

プログラミング、と聞くとどうしても難しい言語を駆使してプログラムを書いているプログラマーの姿をイメージされるパパママも多いのではないでしょうか。?

プログラム、と聞いて頭に浮かぶのはこんなイメージかもしれません。

プログラミングのイメージ

一言でいえば「難しそう!

だって、私たち親世代はプログラミング教育を受けていませんからね・・・。

分からないので、不安、ということはありますよね。

そもそもプログラミング教育ってなんで必要なの?
とそこから始まるご両親も多いのではないでしょうか。

子供たちにプログラミング教育を行う目的は、「プログラミング的思考」を育むのが狙いだとされます。

プログラミング的思考とは

「プログラミング的思考」に関して、新学習指導要領の中で文部科学省はこう述べています。

プログラミング教育とは、子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育むことであり、コーディングを覚えることが目的ではない。

引用元:小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

プログラミング教育は「コーディングを覚えることが目的ではない」ということも書かれていますね。

今や身の回りにあるもの、社会の仕組み関わるものほとんどがプログラムによって動いているといっても良いですよね。

論理的思考を身に付けること、そして将来的にどんな職業に就くにしても必要と思われる情報技術に対して慣れておくこともプログラミング教育必修化の目的と考えられています。

プログラミング的思考とは、

「物事を論理立てて道筋を考えること」

であり、よく料理の作り方が例に引き合いとして出されます。

カレーを作るにしても様々な作り方があります。
種類も色々ありますね。

カレー粉を利用して材料を用意して作るにしても、レトルトを温めて作るだけにしても作り方が数種類あります。

1.鍋に水を入れる
2.湧かす
3.カレーの袋をお湯に入れる
4.指定された分数を待つ
5.ご飯を用意する
6.ご飯にカレーをかける

ご飯にカレーをかけるにしても、袋が熱いです。
子供には大変な熱さです。

じゃあ、どう持つか?

そういったことも考えなくてはなりません。

お湯を沸かすにしても方法が幾つかあります。

1.鍋で沸かす
2.電気ポットで湧かす

今回はどの方法でいくのか?

ご家庭の環境でも違う選択肢があるでしょう。

そもそもカレーを温めるにしても、中身をお皿にあけ変えてレンチンする方法もあります。

どれが自分にとって簡単で成功しやすいのか、そうしたことも一瞬で考えているはずです。

途中でもし失敗したら、どうやったら次は上手くいくのか?
を考えるでしょう。

こうした思考は日常で何度行っているかわかりません。

目的を決めたら、それに対してどう行動を落とし込んでいくのか。

プログラミング教育を通して、未知のことに対してもこうした論理的思考をしやすくしていく狙いもあるのでしょう。

将来的にプログラマーやシステムエンジニアに結果的になる子も多いと思いますが、他の職業につくにしてもこうした思考法は必ず必要になりますよね。

将来的にはAIが発達して、プログラミング自体はAIがやってしまうようになる、という予想もされていますが、AIを使いこなす側としてはやはりこうしたプログラミング的思考は必要です。

子供にプログラミング教育って役に立つの?

小学生のうちからプログラミングを習うことでなんの役に立つの?

と、思われている方も多いかもしれません。

実際に我が家でもプログラミングを通して身に付くと感じられたことも記載しています。

プログラミング教育を通して身に付く能力には次のような事があるとされます。

論理的思考能力

子供たちがプログラミング教育で学ぶとき、学校では実際にコーディングをするのではなくビジュアルプログラミングで作成を行うと考えられますが、それにしても論理的に考える力が必要不可欠です。

キャラクターを動かすにしても、どう動かすかを考えて必要な処理を一つ一つ指示していくことになります。

目的地に到達するためのプログラムを書くにしても、障害物があったとしたら、それを避けて動かすプログラムが必要です。

条件分岐、繰り返し、必要な処理を漏れなく指示しなければなりません。

プログラミング力

実際にプログラミング言語でプログラムをする訳ではありませんが、スクラッチなどを用いることで、プログラミング力の素地はできるでしょう。

将来、プログラマーにはならなくてもプログラミング力があることは仕事上、役に立つことは多いと考えられます。

ITの知識が無い上司に、あれこれ業務改善を提案しても全然通らない!必要性を理解してもらえない。

そんな悩みを持つご両親もいるかもしれません。

これは素地が無いためです。
50代、60代の上司はパソコンが無かった方も多いでしょう。

急にパソコンが登場して仕事のやり方が変わってきた。
しかし、自分は使わずに部下がどんどん仕事のやり方を変えていったので、自分では対応が難しいのです。

今の40代は過渡期で自分達でもパソコンを駆使して最前線で仕事をしてきた人が多いので、適応はしやすい方は多いでしょう。

言われていることがどう役に立つか、自分には分からない。
だから必要ない。

プログラミング力があれば、そうした考えにはならないでしょう。

今よりもさらにIT技術が発展する将来において、プログラミング力がある人材は活躍の場が広がることは間違い無い、といえるのではないでしょうか。

問題解決能力

プログラミングを完成させるには、問題解決能力も不可欠です。

必ず処理のミス(バグ)がつきものです。

エラーが発生して処理が止まったり、無限ループになるような場合もあるでしょう。

それをどう解決するのか。

これを考える問題解決能力が必要不可欠になります。

問題をどう解決するかを自分で繰り返していくことで、最終的に成功した場合には成功体験として積み重なることも期待されます。

自己実現能力

プログラミングを通して、

「次はあれをやってみよう」

「こんな動きは出来るのかな?」

と、どんどん自発的に考え出すようになると思います。

やりたいことがイメージされてくると、それに必要なことは何か?といったことを考え出すようになります。

実現するための方法を自分で探す能力も鍛えられていくでしょう。

他には次のような能力も身に付くと考えられます。

忍耐力

プログラムを完成させるには、試行錯誤が欠かせません。

先ほどもありましたが、一度でプログラミングが成功することは無く、問題解決を繰り返して完成に近づいていきます。

どうしても上手くいかない時、やはり、イライラするようです。

しかし、プログラミングが楽しいと感じている子供たちは忍耐強く処理を少しずつ修正して完成を目指して行きます。

普段は集中力が無い子供たちも、プログラミングをしていると不思議と集中力が増し、忍耐強くなるようです。

プログラミングを通して、忍耐力も身に付いていくことが期待されます。

子供がプログラミングを学ぶメリットはたくさんある!

子供がプログラミングを学ぶことで、メリットはたくさんあると考えます。

プログラミング教室には、親子で一緒になって楽しめるものも増えていますので、一度お子さんと一緒に体験される方法もオススメです。

⇒ 子供向け おすすめオンライン プログラミング教室

なども親子で一緒にプログラミングを楽しむことも出来ます。

子供たちが自発的に取り組みだしり、楽しさを感じ始めたら一人での学習に移行しても良いと思います。

あっという間にスキルを身に付けていくのは、子供の可能性を感じます。

「もうそんなこと出来るの!?」

とビックリすることも多いです。

何でもそうですが、身に付けるには楽しいことが一番大切なのだなあと思います。

来年度から始まる学校でのプログラミング教育が、子供たちにとって興味のあるもの、楽しいものになることを期待したいですね。

-プログラミング教育
-,

Copyright© 子供のプログラミング おすすめ勉強法 , 2019 All Rights Reserved.